塗装現場レポート

浜松市 外壁塗装 中塗り 木部 塗料 無料見積り

2020年12月12日更新

 

本日は中塗りの作業をしてきました。

 

写真は木部を塗装しているところです。

 

木材は独特な風合いや温かみを持った素材です。

 

金属系サイディング等の他の素材で、木目調の模様等はあるものの、
本物の木材の手触りや香り、暖かみも再現出来てはいません。

 

そうなると、本物の木材を使うに越したことは無いのですが、
木材は「呼吸」をしている上に、塗装をしていないと長持ちがしにくい素材です。

 

まず、「呼吸」とは、空気中の湿気、水分を吸い込んだり、
吐き出したりする調湿効果を指すのですが、この際に木材は膨張と収縮を繰り返しています。

 

常に空気中の湿度の変化はあるので、常に膨張と収縮を繰り返しています。

 

この「呼吸」が原因で、塗膜は剥がれやすく、
10年持つ塗料でも2、3年しか持たないこともあります。

 

ですが、塗装をしないでおくと、雨や湿気によって腐食しやすかったり、
紫外線や風、土埃等により、朽ちやすくなってしまいます。

 

その為、塗装は必須といえるのですが、塗装のパターンは2つです。
浸透タイプの塗料を使うか、造膜タイプの塗料を使うかです。

 

浸透タイプの塗料は、木材に浸透するので、上記に書いた剥がれやすいという状況は起きず、
木目が見えるので、風合いや温かみを感じやすい方法です。
ただ、塗膜を形成していないので、紫外線や風、土埃に弱く、耐久性、耐候性の向上の効果は薄いです。

 

それに対し、造膜タイプの塗料は、塗膜を形成し、木材をコーティングするので、
耐久性、耐候性等が向上するので、長持ちしやすい様にします。
その反面、木目は見えなくなってしまうので、風合いや温かみは感じにくくなり、
上記に書いた「塗膜が剥がれる」といった状況が起きやすいです。

 

この2つの方法で塗装したとしても、言える事は1つで、
こまめにメンテナンスは必要ということです。

 

浸透タイプは耐久性、耐候性が弱点なので、朽ちたり、腐食していないか確認した方が良いですし、
造膜タイプは塗膜が剥がれやすいので、剥がれていないかこまめに確認をした方が良いです。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics