塗装現場レポート

浜松市 外壁工事 クラック補修 弾性塗料 無料見積り

2020年7月22日更新

本日はクラックの補修を行ってきました。

 

 

実はクラックが入る外壁材は2つしかありません。

 

それは、モルタルと窯業系サイディングです。
他の外壁材にはこういうひび割れというのは一切入りません。

 

ですので、クラックという言葉が出てきた時点で、
外壁材がモルタルか窯業系サイディングなのだと分かります。

 

今回は弾性塗料を塗布する予定です。

 

 

クラックが起こりそうになった際に、
伸びてクラックを防いでくれるのが、弾性塗料ですが、
実は窯業系サイディングにはあまり塗布しません。

 

何故かというと、
窯業系サイディングはモルタルと比べ、
熱を持ちやすい素材です。

 

その為、弾性塗料を塗布すると、
夏に塗膜が熱によって膨れて、そこから剥がれてくる可能性があるからです。
塗膜が剥がれてくると、そこから浸水し始める可能性があるので、
リスクヘッジの観点から基本的に塗布していません。

 

ただ、製品によっては、耐熱性や遮熱性を持った塗料もあるので、
一概にはいえませんが。

 

しかしながら、もし、窯業系サイディングのお宅にお住まいで、
塗装の際に弾性塗料を提案されたら、どういった理由か確認をされた方が良い思います。

 

次回、実際に弾性塗料の塗装の作業に入ります。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics