塗装現場レポート

磐田市 外壁塗装 下塗り ステイン 種類 塗料 無料見積り

2021年3月12日更新

 

 

本日は下塗りの作業をしてきました。

 

写真は木材を塗装しているところですが、
今回は造膜タイプの塗料を使用しています。

 

近年、DIYが広がりを見せていますが、木材を塗装する際に、
オイルステインで塗装する事も定着してきています。

 

オイルステインとは、木材に染み込んで着色してくれる「ステイン塗料」の一種です。
名前の通り、オイルをベースに作られており、油性ならではのツヤ感や木目の輝きが人気です。

 

また、今回使用している造膜タイプの塗料と違い、
上記に書いた通り、膜を造るのではなく、染み込んで着色をします。
造膜タイプの塗料は表面に膜を造り、木材をコーティングしてくれ、
その分保護機能は高いのですが、膜によって木目が消えてしまいます。

 

一方、ステイン系塗料は木材に染み込んでいくため、
膜を造らない分、造膜系塗料より保護する力が弱くなっています。
しかし、浸透した塗料が木目を美しく浮かびあがらせてくれます。
新品の木材を古材のようなアンティークの雰囲気にしたいのならステイン塗装がおすすめです。

 

また、ステインにはオイルステインと水性ステインがあり、
オイルステインは薄める際に、専用のうすめ液を使ったり、臭いが強く、塗れ艶が出やすいのが特徴です。
他にも、塗装に使った道具を洗う際には、ペイントうすめ液や刷毛洗い液を使う必要があります。

 

それに対し、水性ステインは薄める際には、水を使用し、臭いは弱いですし、
どちらかというと、艶が無く、マットな仕上がりになるのが特徴です。
また、使った道具も洗う際には、水道水で良いです。

 

木材を塗装する際には、造膜タイプの塗料を使用するのか、ステインを使用するのか。
また、ステインを使用する際には、オイルステインなのか、水性ステインなのか。
それぞれ仕上がりが全く違いますし、特徴も違います。
それらを見極め、どれを選択するのがベストなのか考えてから、塗装を開始してください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics