塗装現場レポート

菊川市 外壁塗装 中塗り 自然塗料 ホルムアルデヒド 無料見積り

2020年12月8日更新

 

本日は中塗りの作業をしてきました。

 

塗料の中には、木材専用の「自然塗料」という物があります。

 

昔は全て自然塗料だったのですが、現在は化学系塗料が主流となり、
木材以外は化学系塗料が使われるようになりました。

 

自然塗料の良いところは、木目を活かしたぬくもりのある、
仕上がり、手触り、時間が経つたびに深まってゆく経年変化の色合いと、
主原料が天然の成分であることによる安全性の高さ、
人によってはアレルギーを抑えることができるのもメリットです。

 

逆に注意すべき点は、化学系塗料よりも若干高価であること、
施工に時間がかかること、化学系塗料よりも耐久性が劣ることです。
また、自然塗料といえどもホルムアルデヒドは発生するので、
絶対に安全とは言い切れません。

 

塗装後に塗料が乾燥し、硬化していく段階でホルムアルデヒドが発生します。
塗料が硬化し、時間の経過とともにホルムアルデヒドの放散量は減少していきますが、
約160時間を経過した辺りから再び放散量が増加するという結果が報告されています。

 

そして、自然塗料の中でも、ホルムアルデヒド放散量によって区分がなされています。

 

規制対象外のF☆☆☆☆ですと、ホルムアルデヒド放散速度が5μg/㎡h 以下となり、
放散速度、量共に少ない、遅いとなっています。

 

次に、第3種ホルムアルデヒド 発散建築材料、F☆☆☆ですが、
ホルムアルデヒド放散速度は5μg/㎡h 超~20μg/㎡h以下となり、
内装仕上げの使用面積に制限がかかります。

 

最後に、第2種ホルムアルデヒド発散建築材料、F☆☆となり、
ホルムアルデヒド放散速度は20μg/㎡h 超~120μg/㎡h以下です。
こちらも同様に内装仕上げの使用面積に制限があります。

 

自然塗料は天然素材の塗料だから、人体に安全だと思っていた方も多いのではないでしょうか。
自然といえど、やっぱり「塗料」ですので、使用の際には注意が必要です。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics