塗装現場レポート

菊川市 外壁工事 下地調整 経年劣化 穴 補修法 無料見積り

2021年1月29日更新

 

本日は下地調整の作業をしてきました。

 

こういった作業で訪問をしていると、
たまに、外壁材に穴が空いたりしていることがあります。

 

これは、経年劣化などにより、起こるものです。
外壁に開いてしまった穴を放置すると、外観が良くないだけでなく、構造にも影響があります。

 

穴が開くと雨水などが塗装の内側に入り込み、塗装の膜が剥がれやすくなります。
更に進むと外壁全体の腐食が起こり、構造躯体や家の内部における、
部材の交換や修理が必要になる可能性もあります。

 

実際にできてしまった外壁の穴を塞ぐには、穴の大きさによって補修の方法は変わります。
ただ、多くの場合、パテと呼ばれる充填剤を用いて穴を埋め、上から塗装などで仕上げられます。

 

パテとはペースト状になった充填剤のことを意味し、
外壁材や塗装の下地、配管の継ぎ目などさまざま部分に使われます。
パテには、エポキシ系やエマルション系など数種類あり、
修理箇所に合わせたパテ選びが必要です。

 

パテ自体はホームセンターでも取り扱われており、DIY用に購入することも可能です。
ただ、外壁の種類などによっては、自分で修理することが難しいケースもありますので、
基本的には業者に相談することをオススメします。

 

自分でDIYして直す場合は、
パテに使うコーキング材の調達だけで修理できるとすれば、数千円のコストのみで作業は可能です。
そして、業者に依頼した場合、穴が開いたサイディング系外壁材1枚の交換のみの場合、
約4~6万円が相場となっています。
ただ、穴の深さや大きさ、数などによってはさらに外壁剤を交換したりする可能性がありますので、
費用が変動する可能性もご了承ください。

 

やはり一番良いのは、業者に相談をしていただくことですが、
見積もりを見て、決定をしていただければと思います。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics