塗装現場レポート

袋井市 外壁塗装 下地調整 チョーキング 塗替え 無料見積り

2021年2月16日更新

 

本日は下地調整の作業をしてきました。

 

外壁で、「チョーキング」という現象をご存知でしょうか。

 

外壁を触った際に、塗料と同じ色の粉が手に付く現象です。

 

この現象は、塗膜が劣化し始めていることを指します。
正確には、紫外線を浴びた瞬間から劣化は始まっているのですが、
チョーキングが起こっていると、劣化が表面化しているということになります。

 

このチョーキングを放置していると、勿論、劣化は進行していき、
塗膜の防水性の低下につながります。

 

そして、塗膜が更に劣化していくと、ひび割れ(クラック)の発生や、
カビやコケの繁殖が発生しやすくなります。

 

では、チョーキングを見つけたら、どうすれば良いかといいますと、
正直なところ、チョーキングだけでは、「放置で良い」と思います。

 

業者によっては、チョーキングが起こってる段階で、
「塗り替えた方が良い」とか煽ってくる業者もいると思いますが、正直、無視で良いと思います。

 

何故なら、チョーキングという現象は塗装してから10年経つまでには必ず発生するといわれています。
耐久性の高い塗料だったとしてもです。
その為、折角耐久性の高い塗料を塗ったのに、10年以内に塗り替えていては、
耐久性の高い塗料を塗った意味がありません。

 

なので、他の作業も同様ですが、もし、煽られた際には、他社も見積もりを取って、
そちらの意見も聞いてみることがオススメです。
そうすれば、適切な作業が見抜くことが出来ます。

 

ただ、心に留めておいていただきたいのは、上記に書いた通り、チョーキングを放置しておくと、
ひび割れ(クラック)の発生や、カビやコケの繁殖が発生しやすくなるということです。
外壁を触ってみて、チョーキングをしているのを確認出来たら、
その内、塗替えをした方が良いかもしれないと考えてください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics