ツートンカラーについて

2020年9月4日更新

 

本日は中塗りの作業をしてきました。

 

近年はツートンカラーを採用しているお宅が増えました。

 

このツートンカラーをする際に、
失敗しないようにするポイントが4つあります。

 

まずは、2色の比率を気にすること。
外壁をツートンカラーにする際には、
2色の割合が6:4か7:3程度になるように施工してもらうと良いでしょう。
この比率を基準にすることで、バランスが良く見えます。

そして、色は同系色を組み合わせること。
一般的には、白&グレー、グレー&黒、クリーム色&ブラウンなどの
カラーでまとめる建物が多いです。

また、セパレーションカラーを取り入れてみるの良いです。
同系色のカラーでも、上手にまとまらない場合や、
配色の対比が強すぎる場合などには、
2色の間にセパレーションカラーを入れると引き締まって、良いです。
ちなみに、セパレーション部分には、
隣り合う色とぶつかることがない白や黒に近い色を採用することが多いです。

そして、最後に、付帯部との相性も忘れずに。
軒天井や雨樋などの付帯部の色との相性も忘れないように注意しましょう。
同じ色で塗装してもらうか、セパレーションカラーを採用するかなど、しっかり考慮してください。
雨樋が白か黒かでも、家全体の印象が大きく変わります。

そして、また、3色にしたい場合には、
ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーに分けて、意識する事が重要です。
まず、ベースカラーは全体の60~70%くらいを意識して、配色すること。
次に、アソートカラーが体の20~30%程度で、
ベースカラーを引き立てる、相性の良い色を選ぶと良いです。
最後に、アクセントカラーが全体の5~10%程度になり、
セパレーションと似ていて、個性を演出したり、
全体をスタイリッシュに締めたり、という役目を果たしてくれます。

外壁材をリフォームする際には、ツートンカラーへ変えてみるのも良いと思います。


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics