破風板、鼻隠しの重要性

2020年10月9日更新

 

外壁、屋根等の建物周りで、意外と損傷しやすいのが、
「破風板(はふいた)」や「鼻隠し(はなかくし)」と言われています。

 

「破風板(はふいた)」は建物の表と裏の屋根の端っこを指します。
山なりになっている側の端っこです。

 

そして、「鼻隠し(はなかくし)」は雨樋が付いている側の端っこを指す言葉です。

 

これらは、雨風を屋根裏へ侵入させない役割を持っています。

 

しかし、その役目故に、雨風が一番当たるので、劣化しやすい箇所でもあります。
そして、「鼻隠し(はなかくし)」に関しては、雨樋を取り付ける下地でもあるので、
「鼻隠し(はなかくし)」が劣化していると、雨樋が外れてしまったり、
新しい雨樋を設置出来ないこともあります。

 

この「破風板(はふいた)」や「鼻隠し(はなかくし)」が劣化していて、
雨水等を侵入させてしまった場合には、雨漏りとなる可能性が非常に高いので、
剥がれていたり、劣化の状態を見つけてしまった際には、リフォームを検討するべきです。

 

「破風板(はふいた)」や「鼻隠し(はなかくし)」の素材にもよりますが、
劣化のサインは大きく分けて3種類です。

 

1つ目が、塗装が剥げてきている状態です。
これは塗装だけが剥げている状態で、緊急度としてはまだ低い位置です。
とはいえ、塗装は剥げてきているので、出来れば、再塗装をすると良いです。
修理の作業としては、ケレンして古い塗膜を剥がして、塗装する流れとなります。

 

2つ目が塗膜の剥がれが更に進行し、下地の素材が見えてしまっている状態です。
1つ目から更に進行した状態です。これは要注意度が上がってきます。
下地が見えてしまっているということは、雨を弾かず、浸透したりしているので、
雨漏りが起こる可能性が少し高くなりつつあります。
この状態でも出来れば、塗装をしたいところです。

 

最後が、完全に下地の腐食や屋根裏に浸水して、屋根裏が濡れている状態です。
この状態まで来ると、完全に雨漏りが起こるのは時間の問題なので、
すぐさま、塗装業者へ相談するべきです。
業者側も急いでくれると思いますので、その様から緊急度が伝わると思います。

 

「破風板(はふいた)」や「鼻隠し(はなかくし)」もたまに劣化していないかチェックしてみてください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics