樹脂系サイディングのデメリット

2021年3月5日更新

 

サイディングボードには、窯業系、金属系、木質系、樹脂系の4つがあります。

 

その中でも、樹脂系サイディングは、高耐久で軽く、凍害や塩害に強い外壁材で、
日本の環境に向いている外壁材です。

 

ですが、サイディングの中では、1番人気がありません。

 

その為、施工をしたことのある業者が少ないことが難点です。
また、樹脂サイディングは塩化ビニール製のため、温度によって素材が非常に伸び縮みします。
この為、施工する季節によって取り付ける方法が変わり、工事難易度が高いです。

 

これも原因の1つで、施工出来る業者が増えないのだと思います。

 

また、樹脂系サイディングは受注数が少ないので、商品としての種類も少ないのが特徴です。
種類が少ないということはデザインの種類も少ないので、
希望の物がある可能性も低くなるということです。

 

更に、工事費用が高くなりやすいのも難点です。
これも原因としては、施工数が少ないこと、施工の難易度が高いことが挙げられます。
一般的な窯業系サイディングや金属系サイディングを施工する場合より、
手間賃が割高になりやすいです。

 

ただし、10年や20年単位で考えた場合に、
他のサイディングよりもメンテナンスの手間が少ないため、
ランニングコストは安くなるでしょう。

 

また、樹脂系サイディングは安価なのも特徴なので、
商品自体の価格も窯業系などに比べて、安い可能性が高いです。

 

施工できる業者が少ないことが難点ですが、非常に日本向きな外壁材だと思います。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics