塗装現場レポート

掛川市 外壁塗装 中塗り 雨樋 素材 無料見積り

2020年9月26日更新

 

本日は中塗りの作業をしてきました。

 

雨樋には、色々の素材の物があります。

 

メジャーな物ですと、ガルバリウム製、塩化ビニール製、
銅製、アルミニウム製、ステンレス製の5種類です。

 

今現在ですと、おそらく、塩化ビニール製の物が一番多いのではないでしょうか。

 

塩化ビニール製の雨樋ですと、
とにかく安価であることが最大の特徴で、
雨樋を付けることは非常に重要ですが、
そこにあまり費用は割かないという考え方が広まり、主流となったのだと思います。
ただ、耐久性がそんなに高くなく、すぐ割れてしまうのがデメリットです。

 

次に多いのが、ガルバリウム製の雨樋でしょうか。
近年は屋根材としても使われることの多い素材で、
金属なので耐久性が高いですし、雨水を想定して、錆びにくくなっているのも特徴です。
そして、塗装も出来るので、外壁と色を合わせやすいのも特徴です。

 

次に多いのが、銅製の雨樋でしょうか。
古い建物に多いですかね。塩化ビニール製の雨樋が出てくるまでは、銅製が主流でした。
しかし、近年、雨が酸性に片寄るいわゆる酸性雨の影響で、
銅の酸化速度が速くなっており、使われる機会が少なくなっています。

 

最初の新品の状態では、綺麗なオレンジというか、銅独特の色をしていますが、
段々と酸化、錆に侵食されてくることで、青銅へと変わってきます。
こうなると、白と緑のくすんだ色になります。

 

こちらも金属なので、耐久性は高いですし、高級感があることが特徴です。
ただ、上記に書いた通り、酸性雨の影響があるので、耐久性は高いものの、
劣化が早いので、注意が必要です。

 

そして、個人住宅ではあまり無く、
工場等に多いのが、アルミニウムやステンレスの雨樋です。

 

アルミニウムは継ぎ目が無いのが特徴で、外観が綺麗にまとまりやすく、
錆が発生しにくいのも特徴です。
ただ、高コストなのが、デメリットです。

 

それに対し、ステンレスは錆びにくいこと、安価である事が特徴です。
ただ、こちらは継ぎ目があるので、そこから錆が広がりやすいです。

 

雨樋をリフォームされる際には、メリットやデメリットを見比べてみてください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics