塗装現場レポート

浜松市 外壁塗装 上塗り ウレタン系塗料 デメリット 無料見積り

2021年2月5日更新

 

本日は上塗りの作業をしてきました。

 

使用しているのは、ウレタン系塗料です。

 

ウレタン系塗料は、弾性があり、密着度が高いのが特徴の塗料です。

 

弾性とは、伸びる性質の事で、柔軟性ともいわれます。

 

また、密着度が高いので、弾性と密着で、
ひび割れ(クラック)が起こりにくいのも特徴です。

 

モルタルが凄く向いている塗料です。

 

ただ、逆を言えば、モルタル以外では恩恵は少ないといえます。

 

むしろ、同じくひび割れ(クラック)の起こる窯業系サイディングでは、
デメリットが増える可能性があります。

 

っというのも、窯業系サイディングは弾性のある塗料を塗布すると、
夏などの暑い日に、サイディングボード自体が熱を持ってしまい、
塗膜がチューイングガムの様にプクッと膨れる「熱膨れ」という現象を起こすことがあります。

 

こうなると、熱膨れを起こした部分は塗膜が剥がれた状態になるので、
塗膜の効果を全く果たしていません。

 

完全に塗り替えるしかなくなってしまうので、サイディングにウレタン系塗料はオススメ出来ません。

 

他にも、ウレタン系塗料は耐用年数が低めとなっています。
具体的には、約8~10年といわれており、
10年に一度は塗替えをした方が良いと覚えておくと良いと思います。

 

ウレタン系塗料はサイディング等の熱を持ちやすい素材に使用する際には、注意してください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics