塗装現場レポート

浜松市 外壁工事 下地調整 タイル外壁 乾式工法 無料見積り

2021年1月11日更新

 

本日は下地調整の作業をしてきました。

 

タイル外壁は非常に丈夫で、適切に施工し、適切にメンテナンスを行えば、
長く持つとされている外壁材です。

 

タイル外壁には、湿式工法と乾式工法の2種類の施工方法があります。

 

通常、湿式工法はモルタル等の外壁材と水を混ぜて、塗っていく塗り壁を指し、
乾式工法はサイディングボード等の外壁材を接着剤等で接着していく工法を指します。

 

しかし、タイル外壁での湿式工法、乾式工法は少し違います。

 

乾式工法では、外壁の下地にベースサイディングというタイルを貼る下地であり、
ガイドとなるボードを貼っていきます。
いわば、下地に更に下地を貼るわけです。
そのベースサイディングの上に、タイルを貼って、
タイル同士をシーリングなどで接着をしていく施工方法です。

 

昔は、シーリングがあまり長持ちせず、剥離・落下につながることもありましたが、
近年の技術革新で性能が格段に良くなっています。
その為、タイル外壁は元々湿式工法が一般的でしたが、
現在では、一戸建て住宅などの比較的小さな建物では乾式工法がよく使われています。

 

また、ベースサイディングに関して、耐久年数を気にされる方がいるのですが、
実はそこはあまり気にしなくても良いです。
っというのも、ベースサイディングには直射日光が当たらず、
紫外線も軽減されて当たるためか、あまり劣化はせず、かなり長持ちします。

 

そして、耐久性、経年劣化に関しては、シーリングが一番心配です。
上記の直射日光、紫外線にさらされるので、10年に1度はメンテナンスするのが良いです。

 

タイル自体は耐久性抜群ですが、シーリングはそうではないのがデメリットです。
ただ、10年に1回、適切にメンテナンスをすることで、長持ちします。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics