塗装現場レポート

菊川市 外壁工事 下地調整 結露 対策 無料見積り

2020年11月29日更新

 

本日は下地調整の作業をしてきました。

 

写真は窓のサッシ周りの様子です。

 

家を長持ちさせるために、意外と気をつけたほうが良いのが、「結露」です。

 

窓に水が付いていたりするアレです。

 

これは、家の中と外との寒暖差が激しいことで起こります。
もう少し細かく表現すると、
冷たい空気よりも暖かい空気の方が多くの水蒸気を含むことが出来るのですが、
空気が冷たいものに触れて急激に冷やされると、
含んでいた水蒸気を保有できなくなり、水に変えて放出される現象を「結露」と呼びます。

 

では、何故、この「結露」を気をつけた方が良いのかといいますと、
結露は窓でよく起こるわけですが、窓のサッシの周りは木であることが非常に多いです。

 

「結露」が大量に起こると、窓サッシ周りの木材に染み込み、
腐食につながる可能性が高いのです。

 

そうなると、窓周りから家の基礎部分が腐り始め、家の倒壊につながる為です。

 

そして、他にも「結露」の様に水分があると、そこからカビが繁殖する可能性があり、
カビが繁殖すると、気管支炎や喘息、アトピー性皮膚炎などの症状を引き起こすことがあります。
なので、住民の人が冬や夏だけ家に居ると何か体調が悪いということで、
特定したところ、エアコンで外との寒暖差が出来ていて、結露が起こり、
カビの繁殖につながっていたという話もあります。

 

この結露を発生させない為には、換気を行うか、
断熱性のある外壁材や塗料にするかということがオススメです。

 

換気は今のご時世もあるので、行うことが非常に良いと思いますが、
部屋の中が寒くなったり、暑くなったりするので、快適ではありません。

 

それに対し、断熱性がある外壁材、塗料だと、
暖かい空気と冷たい空気を触れさせにくくするので、
普通に生活しているだけで大丈夫です。

 

コロナ対策の換気でも、好きな時に窓を閉めてしまっても大丈夫なので、
我慢の時間は短くて済みます。

 

現在、家の結露が酷いと感じてらっしゃる方は、
断熱性のある外壁や塗料に変えてみてはいかがでしょうか。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics