塗装現場レポート

菊川市 外壁工事 下地調整 雨だれ 予防法 無料見積り

投稿日:2021年2月17日

 

本日は下地調整の作業をしてきました。

 

どの家でも付きやすい汚れは「雨だれ」の汚れです。

 

雨だれの汚れは雨に含まれる炭酸カルシムと、
空気中の排ガス(カーボン汚れ)や土埃等が混ざって、固まったものです。

 

この汚れを落とすには、掃除をするしかありません。
しかし、綺麗に掃除するには、中性洗剤とスポンジで掃除すると良いのですが、
更に、高いところを掃除するには、脚立が必要となります。
脚立を立てて、作業をするとなると、危険が伴います。

 

その為、「雨だれ」の汚れは、予防する事が重要です。

 

1つ目の方法としては、雨だれが起きにくい塗料に再塗装することです。
その塗料というのが、親水性の高い塗料です。

 

そもそも、「雨だれ」の汚れは、外壁の水が集まりやすい箇所に雨が集まって、
筋の様に下に流れる事で、炭酸カルシウムやカーボン汚れがその箇所に固まることで出来ます。

 

親水性の高い塗料は塗膜が水に馴染みやすい性質を持っており、
まず、その筋が出来にくくなる為、「雨だれ」の汚れを形成させません。

 

更に、親水性が高いと、汚れ自体が付着しにくく、雨と一緒に流れていくので、
もし、「雨だれ」汚れになってしまっても、流れやすい状況が続きます。

 

ちなみに、親水性の高いことを「セルフクリーニング機能」とも呼ばれていたりします。

 

そして、2つ目は窓サッシにしか出来ない方法ですが、「水切り」を設置する方法です。
窓周辺の「雨だれ」は必ず、下の左右の角周辺に出来ます。
その為、その周辺に「水切り」を設置することで、「雨だれ」の発生を抑止します。

 

どちらかといえば、親水性の高い塗料を塗布する方が、外壁全面に効果があるので良いですが、
その分、費用と本格的な工事となる為、一時的にストレス等が増えてしまいます。

 

それに比べると、水切りの方が気軽ですが、窓の周辺でしか設置出来ないので、
窓の周辺だけ「雨だれ」が起こりやすい場合には、オススメです。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社住まいるリフォーム
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市西区西山町82

お問い合わせ窓口:050-7587-1484
(8:00~21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics