塗装現場レポート

袋井市 外壁塗装 下塗り セルロースファイバー 特徴 メリット 無料見積り

2021年4月24日更新

 

本日は下塗りの作業をしてきました。

 

外壁の中の断熱材に「セルロースファイバー」という物があります。

 

断熱材は無機繊維系、木質繊維系、発泡プラスチック系の3種類に分かれますが、
「セルロースファイバー」は木質繊維系に分類される断熱材です。

 

天然繊維(パルプ)で出来ており、新聞紙をリサイクルして作っているので、
住む人と地球環境に優しく、アメリカでは最も使用されています。

 

また、「セルロースファイバー」は高い断熱性を持っています。
その理由としては、熱伝導率の低さにあります。

 

「セルロースファイバー」自体が熱伝導率が低いので、
外気の熱を家の中へ通しにくいですし、家の中の快適さも外へ出しにくい素材となっています。

 

また、断熱性を向上させるには、断熱材の厚みも重要ですが、
グラスウールでは87㎜、セルロースファイバーは74mm、発泡スチロールでは56mm施工するのが、
基準の厚さとされており、グラスウールよりは少し薄く、
発砲スチロールより少し厚いという厚さになっています。

 

他にも、「セルロースファイバー」は防火性、防音性、調湿性の高い建材です。

 

セルロースファイバーはホウ酸により、充分な防燃処理がなされており、準不燃材料に合格しています。
このセルロースファイバーが燃えにくいメカニズムは、
燃焼時に表面が炭化される事で、その炭化層が酸素と熱から内部木材を保護するからです。
これだけ燃えにくい断熱材は他にはあまりありません。

 

また、万が一燃えても、シアン化合物などの有害物質を発生しませんので、
燃え広がるまえに安全に逃げる時間を稼ぐことができます。

 

更に、その防音性能の高さから、アメリカでは空港周辺の防音材としても、
使用されている実績があるほどです。

 

そして、パルプ繊維は高い吸放湿性能を持っています。
更に「セルロースファイバー」は、パルプ繊維を細かい繊維にすることでさらに高めています。
そのため、断熱材のもつ吸放湿効果によって、室内の表面結露、内部結露を防ぐのに大きな効果があります。

 

リフォームで、断熱材交換される際に参考にしてみてください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics