住宅の寿命について

2020年7月1日更新

 

日本の住宅の寿命は約30年といわれています。

 

実はこれは、アメリカの約3分の1といわれています。

 

何故、日本の住宅の寿命が短いのかというと、
日本の気候が大きく関わっているとされています。

 

日本は高温多湿の為、木材が腐りやすいのです。
それに比べ、アメリカは地域にもよりますが、
平均として約90年とされています。
南部の殆ど雨の降らない地域はもっと長いのだと思います。

 

この気候と関連して、
日本での住宅の寿命を短くしている原因はもう1点あります。
それは、通気性です。

 

アメリカと日本では住宅の構造が違い、
アメリカでは基礎部分は木材なのに対し、
日本ではコンクリートで基礎を作るのが一般的です。
これは、コンクリートの方が家の耐久性が上がるからなのですが、
その分、木材に比べ、通気性が悪くなってしまい、寿命の低下につながっています。

 

では、何故、寿命を捨てて、耐久性向上へを目指したのか気になると思います。

 

それは、地震が多くあるからです。
基礎部分をコンクリートにすることで、揺れに対する耐久度を上げたのです。

 

昔は日本もアメリカと同じく、基礎部分を木材で家を建てていました。
ですが、地震により倒壊する家が一定数ありました。
そこで、地震でも倒壊しない家を目指した結果、
基礎部分をコンクリートにすることで、倒壊する家が劇的に減ったのです。

 

寿命を捨てて、耐震性を上げた結果、倒壊に強くなりました。
日本全体で見れば、基礎部分が木材だった頃の方が、
倒壊によって、寿命が短かったのかもしれません。

 

そして、現在、基礎部分がコンクリートによって、
通気性が失われているわけですが、寿命を出来るだけ延ばすには、
定期的にメンテナンスを行う事が重要です。

 

家のどの部分でも、長時間木材が湿っている所などがありましたら、
こまめに業者に様子を見てもらう事をオススメします。

★J★


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics