モルタルからサイディングへのリフォーム

2021年4月30日更新

 

 

現在、日本でシェアを占めている外壁材はモルタルと窯業系サイディングです。

 

特にモルタルは築50年程の建物にも採用されていたりするので、
古くから使われており、現在も現役の建材です。

 

そして、逆に窯業系サイディングは20年程前から普及し始めた建材です。

 

現在でも新築でモルタルが施工されることはよくあります。
また、モルタルから窯業系サイディングへリフォームされる方も多いです。

 

現状がモルタルとなっている外壁をサイディングにリフォームする場合、
モルタルを撤去してサイディングを張る方法と、
既存のモルタル壁の上にサイディングを重ね張りする2種類の方法があります。

 

まず、モルタルを撤去する場合、モルタルの内側に貼られている防水シートや躯体など、
傷んでいる部分が確認できるため、
外壁材を新しくする際に防水シートなども一緒に新しくすることで、
建物の防水機能をさらに高めることが出来るのがメリットです。

 

また、この方法であれば、新築の時と同じような状態にすることができ、
あなたの大切なお家を守ることができます。

 

ただ、モルタルを撤去したり、廃材を処理するための費用がかかるため、
費用が大きくなるのがデメリットです。

 

そして、2つ目のサイディングボードを重ね張りする場合には、
現在は軽いサイディングなどもあるため、既存の壁と重なっても建物への負担が少なく済み、
比較的簡単に工事を行うこともできます。

 

また、既存のモルタル壁をそのままにするため、余計な撤去費用や産廃処理費がかからないので、
リフォームのコストを抑えることが出来るのがメリットです。

 

デメリットとしては、外壁の厚さや重さも増えるため、建築当初に設計していた計算から外れることで、
様々な部分を調整しなくてはいけない場合もあります。

 

その他にも、リフォームのために足場を立ててよく調査すると、モルタルの浮きなどがあり、
重ね張りでは対応できず部分的に張り替え作業が必要な場合もあります。

 

モルタルのお家に住んでいて、外観を新しくリフォームしたいと考えている場合には、
気をつけてください。

⌘J⌘


静岡県の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
BOSS Trading
https://toso-shizuoka.com/
住所:静岡県浜松市中区上島3-32-16

お問い合わせ窓口:050-3154-0390
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:静岡県、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://toso-shizuoka.com/case/
お客様の声 https://toso-shizuoka.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://toso-shizuoka.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://toso-shizuoka.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics